DPW

Route53アイコンが変えられたならドイツでお茶は飲めない

ふと見たら、AWSコンソールのRoute53アイコンが変わっていました。

Elastic Beanstalk を鏡写しにしたような形です。

前はどのような形だったか思い返してみます。

そういえば、十字架のような形をしていました。

厳密には、Z軸から見たら違うのでしょうが、平面的にみた場合は、十字架といっていいかと思います。

キリスト教系団体から何らかの苦情があったのだろうか、と邪推してみます。

日本人は(私も含めて)宗教に疎いので、苦情が合ったとしたら、その感覚がイマイチわかりません。

↓はキリスト教とは関係ありませんが、歴史的にデリケートな分野では言い掛かりにもにた苦情もあるようです。

 ドイツで販売した洗剤の容器に大きく印字された「88」「18」の数字が、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーを礼賛する隠語だったとして、米家庭用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が販売を停止した。DPA通信などが11日までに伝えた。
 「8」はアルファベットで「A」から数えて8番目の「H」に当たり「88」は「H・H」。ネオナチは「ハイル・ヒトラー(HEIL HITLER、ヒトラー万歳)」の意味で使うという。「18」は「A・H」で「アドルフ・ヒトラー」。消費者から指摘を受け販売停止を決めた。
 洗剤は「アリエール」で、従来は洗濯83回分の容量のものを同じ価格で5回多く計88回使用できることをアピールした。18も洗濯が可能な回数の表示で、6月開幕のサッカーのワールドカップ(W杯)を意識し、ドイツ代表のユニホームの背番号を模した。
 ドイツでは公の場でナチスを礼賛すると、刑法の民衆扇動罪に問われる。ただDPAによると「88」などの数字を使うだけで罪になることはない。(共同)
[ 2014年5月12日 08:36 ]

ドイツでお茶は飲んだらヒットラー(八十八夜)をを礼賛していると騒ぎ立てられ、歌舞伎の海外公演ではおはこ(十八番)は禁じられるでしょう。

その方たちは、日本に来てお遍路さんツアーに参加することはないでしょうし、また、末広がりの富士山を見た日には発狂するかもしれません。

ついつい邪推しすぎました。